平成の時代に道場破り(自己紹介)

2回目の投稿ですので、私の今までの人生を自己紹介含め、書いてみようかと思います。

まず私の人生で一番大変だったのは小学校1年生の6歳~15歳まで習った空手ですね。

なぜ通いだしたかというと、私が泣き虫だったからみたいです。笑

親から強くなって欲しいということで空手を始めました。そして通った道場が運が良いのか悪いのか、

道場は全国でも有名先生達がいて練習が本当に辛かった。毎日行きたくないと泣いてました。

それを先輩達から面白がられよくボコボコにされ更に泣いてました。

それでも辞めなかったこと、そしてあの道場に通えたことを誇りに思っております。

空手の練習の辛さに比べたらほとんどのことが大したことないと今でも思えるからです。

とても記憶に残ってる出来事一つ書かせていただきますね。

結論から言いますと、 20代前半の二人組が道場破りが来たのです

当時私は中学1年生でしたが、その人たちと組手をして気づいたんですが、なんと素人だったんですよ。笑

その方達は本当に弱くて、道場生皆にボコボコにされて、2時間もしない内に泣きながら帰りました。

その時は練習しに来た人としか思ってませんでしたが、後日先輩から道場破りに来た人達だったんだよって

聞かされて、そこで分かりました。中々この時代に体験出来ないことだったので、印象深い出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA