ダイキンエアコン リモコン不具合判断方法

今回はダイキン、ルームエアコンのリモコン不具合なのか本体不具合なのかの判断方法を説明します。

この判断方法を知っていれば、わざわざ点検依頼をせず、無駄な点検出張費を払わずに済むかもしれません。

リモコンの不具合だと分かれば、コンタクトセンターに電話してリモコンを自宅に送ってくれと伝えれば

オッケーです。後日リモコン代の請求書が届くような感じです。

では症例を3つ書いていきます。

症状①リモコンのボタンを押しても反応しない、動作しない。

症状②押したボタンと違うボタンが反応する。

症状③リモコンの運転モードが気付いた時に勝手に切り替わっている。

症状①リモコンのボタンを押しても反応しない、動作しない。

この場合先ず確認することは、リモコンから赤外線が出ているかです。赤外線が出ているかの確認方法は、

携帯のカメラ機能を開き、リモコンで何のボタンでも良いので押すと

正常な場合はリモコンの赤外線送信部(リモコンの天面)をカメラ越しに見てみると、光が一瞬点きます。

リモコンから信号を送れていない場合は光りません。

リモコンから光が出ていない場合は、電池を交換してみてください。

新品の電池でも反応しない又は光が出ない場合はリモコン不具合となります。

症状②押したボタンと違うボタンが反応する。(蓋つきリモコンに限る)

(例 暖房を押したのに自動フィルター掃除が反応等)

この場合は、リモコン不具合です。うるさらのリモコンでありがちですが、

上の例で説明すると暖房ボタンの蓋下にあるボタンが反応しているのです。

どういうことかと言いますと、蓋を閉めている間は、蓋に付いてるツメがリモコン本体に付いてる

くぼみを押すことで、リモコンは蓋が閉まっていると認識します。

従って蓋を閉めているのに下のボタンが反応する理由は

下蓋に付いているツメが折れてる(リモコンを落として)か蓋がきちんと閉まっていないからです。

リモコンを購入することをお勧めします。

症状③リモコンの運転モードが気付いた時に勝手に切り替わっている。

これもリモコン不具合です。うるさらのリモコンでたまにこの症状に当たります。

なぜリモコン不具合と断定出来るかと言いますと、室内機→リモコンに指令を与えることはないからです。

リモコン→室内機が指令の流れなので、リモコン単体で不具合だと考えます。

この場合はリモコンを買うのもありですが、勿体ないという方は、リモコンを操作時以外は

引き出し等にいれてしまえば、室内機に指令を与えられないので本体の運転モードは切り替わりません。

以上で説明は終わりです。

リモコンは買うと3~4千円。うるさら等の蓋付きの物は7千円弱します。

点検依頼をして結果的にリモコン不具合だったとなると、リモコン代+点検費、出張費が

上乗せされるので、ご自身でリモコンの不具合と判断出来れば節約に繋がります。

またリモコンを購入する際はメーカー純正品の物を購入してください。

他のメーカーの代替えリモコンだと直ぐにまた使えなくなったと聞くからです。

ちなみに家電量販店の延長保証はリモコンは対象外です。

リモコン不具合の場合は有償になりますので、ご注意下さい。

今日はここまで、

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA