エコキュート凍結 対策

最近寒波によりエコキュートの凍結が多数発生しました。

メーカーサービスをしている私が凍結の対策について書いてきます。

エコキュートご使用者で出来る凍結防止について

1つ、エコキュートブレーカーは絶対に落として(off)はいけない。

2つ、水抜きはしない。

3つ、浴槽にアダプター(お湯が出てくる所)まで残り湯や水を溜める。

この3つを順に説明していきます。

1つ目のエコキュートブレーカーは絶対に落として(off)はいけないについて

理由はブレーカーを切っていると、お湯が作れないので

タンク内と熱源機内の水が凍ってしまいます。

もし熱源機内の部品(水熱交換器)が凍結したら修理費用は20万前後かかり

かつ、代替機を取り付けるにも数日掛かるので不便かつ多額の出費になります。

タンク内で凍結が発生した場合も水漏れにより多数の部品交換が必要になるケースが多く

これもまた、使えるようになるまでに数日掛かります。

タンク内の凍結は熱源機の凍結と違い、代替え機を取り付けることは出来ないので、

部品交換が終わるまでお湯は使えません。

長期の外出する際にも必ずエコキュートのブレーカーは落とさないようにしてください。

またエコキュートでエラー出ているからと理由でもブレーカーは基本落とさないでください。

二つ目の、水抜きはしないについて

家によってトイレなどに水抜きをすることが出来るスイッチ?やバルブがあるようです。

その作業はエコキュートにとっては凍結を招くことになるので、やらない方が良いです。

1つ目の電源を落としている場合と違って、現地の配管(エコキュートから蛇口までの配管)が

凍るだけのことが多いので、多額の修理になることは少ないですが、

配管内の氷が解けるまではお湯が出てこなくなります。

3つ目、浴槽にアダプター(お湯が出てくる所)まで残り湯や水を溜めるについて

当たり前のようで意外と知らない方が多いです。

何故アダプターまで溜めるかと言いますと、エコキュートは外気温が低いと

凍結防止でお風呂の水とエコキュートまでの配管を循環させます。

したがってアダプターまで水がないと循環出来ないため凍結するのです。

この場合も二つ目と同様で現地配管内と氷が解ければ改善することが多いです。

これでエコキュート使用者さんで防げる凍結の紹介は以上です。

この三つを守っていても凍結が発生することはありますが、

凍結が発生する確率はかなり下がります。

寒さの中お湯が使えないのは気持ち的にも本当に大変ですし、凍結による故障は

修理額が高額なケースが多いので気を付けましょう。

今日はここまで!

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA