アトピーの改善に成功した私が日常生活で気を付けたこと食編

こんばんわ!だすけです。

今回はストレスが原因で全身にアトピーが広がり、痒みで夜も眠れなった私が、

アトピーの改善に成功した日常生活での気を付けていることや、行っている6つの食について書いていきます。

結論から申しますと、①1日2食、②ジュースお菓子を取り入れない、③小麦を避ける、④食べる順番を変える

⑤水を飲む、⑥ゆで卵、ブラックチョコレートを食べる。の6つです。

まず前提として、そもそもアトピーで体が痒くなる原因は、

アトピー患者の多くは腸の動きが悪く、体内の老廃物をうまく排出出来ないので、

皮膚を掻きその傷から体内の老廃物を排出させようとするので痒みが発生します。

なので根本からアトピーを治すには、老廃物を正常に排出出来るように体質改善が必要になります。

今回は体質改善をメインで書いていきます。私の独断と偏見の内容もありますが

紹介する中に皆様のお役に立てる内容もあると思いますので是非見て頂けたら嬉しいです。

① 1日2食にしたこと。

私は1日1食か2食で朝ご飯は食べません。朝食を抜く理由はお腹を壊すことがあったからです。

あと最近しりましたが空腹は体に良いようです。カロリーを制限することは病気のリスクを下げ、

見た目も若く保つ事が出来るそうですよ。

最近でオートファジーが知られるようになりました。記事のボリュームを考えて詳細は省きますが、

そのオートファジーがアトピーやアレルギーに効果があると言われてますよね。

また体に悪く惰性で食べるご飯なら食べないことにしており、 お昼を抜くのはこれが理由です。

基本的に私は腸に悪影響がある保存料や合成着色料が使われていないお店でご飯を食べます。

しかし私の仕事柄上、昼時にいる場所が客先によって変わりますので、それらのお店が無くコンビニしかない時があります。

そういう日はお昼は食べません。どうしてもお腹が減った時はコンビニでゆで卵2個入りを食べるようにしてます。

美味しいし意外と満腹感もあって私は茹で卵好きです。

② 出来る限りお菓子やジュースを飲み食いしない。

お菓子やジュースには、砂糖や小麦といった腸に悪影響のある原料が沢山使われていることが多いです。

しかし私も甘いものが好きなので、たまに食べなくなってしまいます。笑

そんな時は二口、三口だけは食べてそれ以上食べないようにしてます。我慢ばかりじゃつまらないので

たまに食べる位なら私は良いかなと思ってます。ただ習慣的に摂らないようにだけ気を付けて欲しいです。

私はジュースは1カ月に1回も飲まないこともありますし、お菓子も1週間に少量で2回位に抑えてます。

正直お菓子の食べる量は少なくはないですよね。笑

母にお菓子は食べないようにしてるから要らないと伝えてますが、買ってくるので食べちゃうんですよね。笑

でも自分ではお菓子を買うことは本当にありません。

当たり前ですがお菓子屋ジュースを止めることはアトピーなどのアレルギー患者だけでなく、

全員に対しても体に良いことですので、出来る限り飲み食いしないに越したとはありません。

ちなみにアトピーが酷かった時、沢山の甘いチョコレートやケーキ等を食べるとすぐに体に痒みが出てましたので、

アトピーやアレルギーで苦しんでる方も食べる際は量を減らしてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

③ 小麦を避ける。

私はラーメンやパスタが好きですが、アトピーの治す体質改善の為に日常的に食べることを止めました。

宮城には仙台っ子ラーメンという豚骨醤油のラーメン屋があり、そこの味が大好きでほぼ毎日お昼はラーメン+ライスを食べてました。

しかしそれを止め、チートDAYとしてデートや友達と食べる時だけOKとしてます。

小麦が体に悪い理由を簡単に説明すると、小麦には「グルテン」というタンパク質が含まれており、

その物質が腸に悪影響を及ぼすからです。

私は日常的に小麦を摂ることをやめてから体の調子が良くなったと感じます。なんだか体が軽くなったような感じ。笑

④ 食べる順番を気を付ける。

食べ物によって消化に掛かる時間が異なります。食べる順番を間違えると腸の働く時間が増えるので負担が増えてしまうので、食べ物によって食べる順番を最適化することが大事です。消化の早い食べ物を左から順に書いていくと

果物<野菜<炭水化物<タンパク質の順です。

食べる順番を意識すると食べ過ぎを防ぐ効果もあるみたいですよ。

私は食べる順番を意識するようになってから食後にお腹を壊すことが極端に減りました。

それだけ内臓への負担が減ったということだと思います。

⑤ 水を一日1リットル以上飲む。

水を飲むことで、血行が良くなり、身体の栄養や酵素を運ぶスピードが上がること、肌の水分量が上がる等メリットが沢山あります。

私の理想は1.5リットルですが、中々癖付けしないと厳しいです。私の今後の課題です。

ただし水の飲み過ぎは身体に悪影響を及ぼす可能性もあります。水毒です。頭の片隅に置いておいてください。。

私の場合は一日に500mlも飲まない日が多かったので、意識的に飲むようにして変化がありました。

しかし水を飲むタイミングにも気を付けていて、食前の30分~食後1時間位は水を飲まないようにしてます。

理由は胃酸を薄めてしまい、食べ物の消化、吸収の邪魔をしてしまうからです。

私はお腹が弱いので、食後に沢山の水分を摂るとお腹を下しまうので、尚気を付けています。

水を沢山飲むように心がけてから驚くほど便秘が改善されました。騙されたと思って試してみてください。

⑥ おやつで茹で卵、ブラックチョコレートを用意している。

ゆで卵には沢山の栄養が含まれているのと、意外と空腹を和らげてくれるので私にとって最高のおやつです。

しかし可能ならば少し良い卵を買うことをお勧めします。安い卵には安いなりの理由があります。

ちなみに私は6つ入りで400円程の卵を購入してます。無理する必要はございませんが、

可能ならば少しでも良い物を購入して頂きたいです。

チョコレートについてですが、カカオ含有量が70%以上のものが好ましいです。チョコレートの効果を簡単に説明しますと、

高い抗酸化作用を持つポリフェノールが体内の酸化を抑えてくれるので、肌老化の防止、アレルギー改善等の効果がある他に、

食物繊維の一種が含まれているので、便通の改善、腸内環境を整えてくれる等、沢山のメリットがあります。

食べる際は1日25gを目安にすることと、妊婦さんや授乳中の方はカフェインが含まれてるのであまり食べない方がいいみたいですよ。

私はチョコレート効果の95%を一日に二枚食べるようにしてます。

以上が私がアトピー改善の為に体質改善で気を付けた食についての話になります。

私はこれらのことを同時に始めて、1カ月位で効果が見て分かるほどに現れました。

アトピーの改善とあと便通に変化がありました。

項目多すぎて何からすれば良いのか分からないよ、と言う方の為に一つあげるとすれば、

⑤の水を一日1リットル以上飲むことから始めることをお勧めします。勿論それだけでは体質改善には至りませんが、

私的にはこの沢山の水をことで目に見える大きな変化があったので、お勧めします。

上記の他にお酒やタバコ、またジャンクフードや、辛い物など胃腸に刺激があるものを避けることも大事です

お酒やタバコ・・などを書かなかったのは、記事が長くなるので私の中で大事なことと、

それは気にしていなかった、盲点だったという人が多そうなことに重きを置きたかったからです。

ここまで読んでいただいて、当たり前や知ってるよってことが結構あったんじゃないかと思いますが、

当たり前や知っている事を行動に移すことが出来ていない方もいると思いますので、改めるきっかけにもなればと思います。

案外知ってる情報などは軽視してしましがちですからね。

ただ正直我慢ばかりで嫌になっちゃいますよね。私も可能なら好きなものを好きなだけ食べたいです。

何も気にせず食べる周りの人たちを羨ましいと思うこともあります。しかし周りを羨んでも仕方ないんですよね。

こういった我慢や努力を続けた結果、自分の体が良くなっていくのを体験すると喜びに繋がります。

その喜びを体験すると我慢や努力が苦しくなくなってきます。自分の体の為ですし、上記のことに気を付けることで、

アトピーだけでなく、色んな病気の予防にもなり健康で長生き出来る可能性が上がります。

皆で一緒に頑張っていきましょう!

今日はこれで終わりとさせていただきます。今日もありがとうございました!

おまけ最近函館に旅行に行き、夢の回らない寿司屋さんに行きました。

鮨金総本店さんに行きました。結果は全てのネタが美味しかった。。。

特に一貫880円のキンキの炙りが、口に入れた瞬間に笑顔になる程の美味しさで、今でも口に入れた瞬間の風味を鮮明に覚えてます。

鮨金総本店さんへ行く機会がある方は是非食べてみて欲しいです。。

仕事で今度は札幌に行くので、一人でまた美味しいお寿司を満喫しようと思ってます。楽しみだ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA